ヘアケア

ヘアケア に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

Q:リンスとトリートメントは、髪の毛につけて何分くらいつけたままにしておいてから洗い流せばいいのでしょうか?

A:リンスは、髪の表面をシリコンや油分でコーティングする働きがあるので、髪全体に行き渡ったら、スグに流しても大丈夫です。
トリートメントですが、髪の内部に浸透させると良い成分が入っています。なので、時間を置いて、髪に浸透させてから流すと効果的です。5・6分はおきましょう!
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

兆候

Q:ハゲの兆候ってどんなものがありますか?

A:・髪の毛のコシが無くなる。
・細く柔らかくなる。
・髪質が変わってくる。
・体毛が濃くなってくる。
・抜け毛が増える
・額・頭皮が油っぽい。
・頭皮の荒れ。
まずは、頭皮に異常がくるはずです。兆候の前兆ですね?

[RSS] [Admin] [NewEntry]

Q:抜け毛がひどく、悩んでいます。年齢的なものと言ってしまえばそれまでなのですが・・・
良いシャンプーありますか?

A:バランスの取れた食事などでしっかりと栄養(特にミネラル)を取るようにしたほうが効果がありますね。ミネラル(銅・亜鉛etc...)のサプリ。
シャンプーですと、ミネラル豊富なイオニートシャンプー&ヘアエッセンス(VIN)がおススメです。

皆様、今年もあとわずかです。
良いお年をお迎えください。
来年もご質問・ご観覧よろしくお願いいたします。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

Q:飲む育毛剤「Finpecia」(フィンペシア)って、何ですか?
プロペシアとはちがうんですか?

A:プロペシアの主成分フィナステリドは特許がなくなり、世界中の製薬会社がジェネリックを製造しています。当然、効能・効果は同じなので、価格が安いジェネリックが人気商品となっています
プロペシアのジェネリック・・・フィンペシア/プロスカ/フィンカー

[RSS] [Admin] [NewEntry]

椿油

Q:椿油100パーセントオイルについて効果的な使用法を教えてください。

A:椿油は髪のきしみを抑えるために使うので石けんシャンプーとクエン酸リンスの後で使うか、クエン酸リンスを薄めたお湯に少し垂らしても良いですよ。髪が乾いたときより濡れているときに使う方が効果的です。ちなみに、合成シャンプーと合成リンスをした後で椿油をつけても意味がありません。毒性の強い合成リンスでコーティングした上につけたら無添加かどうかなんて関係なくなります。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

Q:パサついた髪をつやつやにする方法ありますか?

A:もし、髪を染めたりパーマをかけたりしているのが原因でしたら、少し控えた方がいいかもしれません。特に、乾燥している時期にパーマなどかけてしまうと、髪が傷みやすいので注意です。
長期的に2年か3年かけて本腰入れて健康な髪にしたいのなら石鹸シャンプーがよいみたいですよ。
椿油を傷みが気になる部分につけて、蒸しタオルで巻いてホットパックすれば、補修ケアとなります。歴史があり安心できる製品です。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

石鹸

Q:普通の固形石鹸で髪を洗うと、はげやすくなったりしますか?

A:石鹸は汚れと出会うとすぐ中和されて泡が消えます。(なので、必要以上に皮脂を落としてしまうということは考えにくいように思います。)泡が消えると洗浄力が無くなっていますので、さらに石鹸を泡立てて足してください。すすぎは、石鹸でも一般的なシャンプーでも、きっちり頭皮をすすいでください。
ハゲの原因には遺伝だとか、シャンプーの種類や洗い方などが言われることが多いですが、食い止めるためにもっとも重要なことは、十分な睡眠と食生活です。遺伝であっても、正しい生活習慣がハゲにブレーキをかけるでしょう。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

Q:髪が伸びるコツを教えてください。

A:毎日のトリートメントがよいみたいですよ。キューティクルが、少しずつ自然に欠損しやすく、タンパク質(ケラチン)が髪の毛の外に出て行ってしまうためです。
面白い情報・・・夜更かしをすれば髪は伸びる。夜9時に髪をきつめに結ぶようにすると早く伸びる。両手の爪と爪をこすりあわせると伸びる?爪に髪が早く伸びるツボがあるらしい。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

Q:リンス?ってなんですか?トリートメントとは、違うのですか?

A:「リンス」とは英語で「すすぐ」の意味から来ている。
髪の表面に付着し、コーティングされる。
静電気の発生やごわつきを抑えることが出来、櫛どおりをなめらかにしたり、ツヤを出す効果がある。
リンスはイオン性の界面活性剤が主成分となっているため、髪の内部へは殆ど浸透しない。髪の内部まで浸透させ補修する働きを持つ液体はトリートメントである。
リンスとシャンプーが一緒に出来るリンスインシャンプーも登場している。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。